月刊セキュリティ研究11月号 (no.252)発行

小誌252号の永田町の風倶楽部は、「自分で自分の主治医になることが 国民の義務」と題し、金沢工業大学客員教授で人間と科学の研究所 代表取締役社長の飛岡 健 さんに同社の開発した生体情報追跡装置と、生体情報の解析ソフトウェアシステムのお話を伺いました。そして、好評! 円卓会議レポートは一橋総合安全保障研究所  鈴木理事長様から「ノーベル平和賞・ムクウェゲ医師にお会いして」と題し、この10月2日に来日された2018年ノーベル平和賞の受賞者でコンゴ民主共和国の産婦人科医デニ・ムクウェゲさんとの面談の様子を寄稿していただきました。また、今月の安保研コラムは、「中国見聞録~長江を遡って」と題した寄稿を掲載中!!

 

バックナンバーの閲覧は図書館で!!
バックナンバーについてはセキュリティ研究事務局WEBで確認できます。