顔画像の非識別化でプライバシー保護 [凸版印刷]

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、顔認識技術で個人が特定できる要素に独自の加工を施すことで、個人のプライバシー保護を実現する顔画像の非識別化サービス(以下、本サービス)の提供を2019年12月より開始します。
 本サービスはAIによる顔認識技術における個人情報の特定・流出を防ぎます。個人を特定する識別子に独自の加工を施すことにより、顔画像の機械認識率を下げ、顔画像の非識別化を行うものです。本サービスを活用することにより、個人の識別情報を保持しない顔画像を作成することができます。これにより、個人のプライバシー保護や企業などにおける安心・安全なデータの保持・利活用を実現します。

https://www.toppan.co.jp/news/2019/10/newsrelease191017_1.html