AIでカメラ映像から特定の動作を自動検出する「骨紋」を開発 [三菱電機]

 三菱電機株式会社は、当社AI技術「Maisart®(マイサート)※1」を用いて、カメラ映像から人の骨格情報を抽出・分析し、特定の動作を自動検出する作業分析ソリューション「骨紋®(こつもん)」を開発しました。生産現場の作業者の動きをカメラで撮影するだけで作業内容を認識・特定し、作業時間や作業ミス・無駄を自動検出することで作業分析を効率化でき、生産現場の生産性向上に貢献します。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/1009.html