セキュリティ機器運用代行の 「マネージド・セキュリティサービス」を強化 [富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ]

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:土肥 啓介、以下:富士通SSL)は、マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 辰夫、以下:マカフィー)のEDR(注1)製品「McAfee MVISION Endpoint Detection and Response(以下:McAfee MVISION EDR)」の取り扱いを開始すると共に、従来から提供しているセキュリティ機器運用代行サービス「マネージド・セキュリティサービス(MSS)」について、運用サポート対象に「McAfee MVISION EDR」を追加して2019年11月7日から提供します。

https://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/about/resources/news/press-releases/2019/1107.html