通学路の電柱に見守りカメラを設置し、AIを用いて交通事故の危険度を推定する実証実験を開始 [日本電気]

沖縄電力株式会社(以下、沖縄電力)と日本電気株式会社(以下、NEC)は、沖縄県うるま市内の通学路である安慶名交差点近くの電柱に見守りカメラを1台設置し、映像からAIを用いて交通流データを分析することで、交通事故の危険度を推定する実証実験を開始しました。実証期間は2020年2月までです。
本実証実験は、沖縄県の「IoT利活用促進ネットワーク基盤構築・実証事業」の1つとして採択されたもので、見守りを中心としたカメラの多目的利用とデータの利活用により、更なる安全・安心な街づくりを目指します。

https://jpn.nec.com/press/201912/20191216_02.html