個人の所在位置を高精度に特定する「T-Zone Saver® Connected」を開発 [大成建設]

大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、既開発の人検知システム「T-Zone Saver」※1による人の所在を検知する機能に、個人タグなどから発信される情報をBluetooth通信を介してBeaconを用いて取得するIoT技術を組み合わせることで、オフィス内で個人の所在位置を高精度に特定できる技術「T-Zone Saver Connected」を開発しました。さらに、この度、大成建設技術センターでリニューアルしたZEB実証棟において、本技術を用いたスマートオフィスに関するサービスの実証を開始いたしました。

https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2020/200214_4880.html