AIが認識できる画質で映像データを高圧縮する技術を開発 [富士通研究所]

株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、高精細・大容量な映像データをAIが認識できる必要最小限のサイズまで高圧縮する技術を開発しました。本技術により、映像データを従来の人間による視認を目的とした圧縮技術に比べて10分の1以上圧縮することが可能です。

https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/03/5.html