Webアクセス監視を自社エンジンとAIで効率化する攻撃監視システムを開発 [OKI]

OKIは、サイバー攻撃による情報漏洩の脅威に対してAIを搭載した攻撃監視システムを開発し、当社セキュリティ監視業務での利用を開始しました。本システムはWebサイトへのアクセスを監視して調査すべき不審な端末を絞り込むものであり、OKIが長年の業務で培った攻撃監視ノウハウとAIを組み合わせて、条件検索では発見が困難だった攻撃の疑いを検知します。本システムを利用することにより、攻撃監視能力が最大で27倍向上(当社セキュリティ業務における本システム利用前後で比較)し、監視業務の高度化と効率化が実現できます。

https://www.oki.com/jp/press/2020/08/z20046.html