鉄筋コンクリート造建物の柱梁の耐震性能を向上させるヒンジリロケーション梁工法を開発 [鹿島]

 鹿島(社長:押味至一)は、鉄筋コンクリート造(RC造)の建物を対象に、梁端部の主筋にフック付きの補強筋を添えることで梁の曲げ性能を向上させ、かつ、大地震時の柱梁接合部の損傷を低減させる、RC造ヒンジリロケーション(塑性化位置のスパン中央方向への移動)梁工法を開発しました。

https://www.kajima.co.jp/news/press/202009/16a1-j.htm