LPWA無線通信技術を活用したトンネル坑内計測システム「T-RIPPA」を開発 [大成建設]

 大成建設株式会社(代表取締役社長:相川善郎)は、山岳トンネル工事における坑内での計測作業の省力化を図るため、通信ケーブルを使用せず長距離通信が可能なLPWA無線通信技術(LPWA※1:Low Power Wide Area)を用いたトンネル坑内計測システム「T-RIPPA」を開発しました。またこの度、当社が施工する国内道路トンネル工事現場で、本システムを用いてデータ計測状況を検証し、計測作業の大幅な省力化による生産性向上が可能であることを確認しました。

https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2020/201029_5015.html