AIによる大量の自動映像監視を実現する映像特徴量の高圧縮技術を開発 [富士通研究所]

株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、超高圧縮した映像からでも高精度に映像の内容を認識できる映像圧縮技術を開発しました。

近年、ディープラーニングによる画像認識の飛躍的な性能向上により、映像から情報を抽出する画像認識AIソリューションが注目され、AI認識に特化した映像圧縮技術の開発が活発化しています。特に、監視・確認作業などをAIによって自動化する場合には画像を復元せずに、AIが画像認識するために必要な深層特徴量のみを圧縮・伝送する技術が注目されています。

https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/11/16-1.html