独自の空間浄化技術による新型コロナウイルス除去・不活性化を実証 [三菱重工]

三菱重工グループの三菱重工サーマルシステムズ株式会社(社長:楠本 馨、本社:東京都千代田区)は、酵素・尿素製剤処理、またはUV-C LED(紫外線発光ダイオード)照射により、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を除去・不活性化できることを確認しました。空間に漂うウイルスの除去とエアフィルターに捕捉したウイルスの不活性化は、空間の浄化を通じたウイルス感染制御実現の可能性を示す新しい技術であり、現在から “アフターコロナ(注1)”時代にも有用です。この技術のウイルス除去・不活性化効果は、北里大学 大村智記念研究所の片山 和彦教授らとの共同研究で実証されました。

https://www.mhi.com/jp/news/210210.html