光照射で材料の接着・解離をスイッチ [科学技術振興機構]

-着く、離れる、相手を替える、まるで意思を持ったゲル-

科学技術振興機構

大阪大学 大学院理学研究科の原田 明 教授らは、光照射により分子の形が変わる「ゲスト分子」と、そのゲスト分子と結合する「ホスト分子」をそれぞれ固定した別々のゲルに導入して、これらのゲルがホスト-ゲスト相互作用の強さに応じて特異的に接着し、紫外線を照射すると離れ、可視光線を照射すると再接着する材料集積システムを開発しました。光照射でゲルの集積をOn/Offスイッチ制御できるシステムを構築するとともに、さらにホスト分子が光照射によって変化したゲスト分子の構造を認識して、相互作用のより強いホストとゲストの関係にある組み合わせに切り替わる(スイッチ)挙動を初めてマクロスケールで観察することに成功しました。分子認識に基づくマクロスケールでの自己組織化が光でスイッチできる方法を世界で初めて開発しました。