日本TI、C-RANアプリケーションおよびネットワーク・サーバ向けKeyStoneマルチコア・アーキテクチャを拡大 [日本テキサス・インスツルメンツ株式会社]

日本テキサス・インスツルメンツ株式会社

日本テキサス・インスツルメンツは、ワイヤレス市場分野最前線に対する基地局向けSoC(System-on-Chip)ソリューションの取り組みとして、新たなC-RAN(クラウド・ラジオ・アクセス・ネットワーク)アプリケーション、およびネットワーク・サーバ向けにKeyStoneマルチコア・アーキテクチャの拡大を発表しました。このKeyStoneアーキテクチャの拡大は、急速に発展しつつあるC-RAN基地局のパラダイムに対応しており、製造各社は最高性能かつ高い電力効率のC-RAN基地局クラスターを開発するために必要な大容量のデバイス・プールの構築が可能になりました。