3Dスキャナを用いて建設重機を遠隔操作 [清水建設]

清水建設(株)<社長 宮本洋一>はこのほど、セシウム汚染土壌等の中間貯蔵施設内や福島第一原子力発電所内で想定される無人化施工のコストダウンを目的に、3Dスキャナを用いた「3D無人化施工支援システム」を開発しました。すでに、実証実験を通じて従来の無人化施工システムと同等以上の作業性能を維持しつつ、コストを25%程度削減できることを確認しています。

http://www.shimz.co.jp/news_release/2013/2013043.html