低消費電力と柔軟な周波数対応を両立したデジタル無線送信システムを開発 [NEC]

NECは、通信事業者の無線基地局向けに、消費電力を従来比最大約30%(注1)削減しつつ、広帯域での柔軟な周波数対応も実現したデジタル無線送信システムを開発しました。

本システムでは、今回開発した高効率な信号変調方式で増幅器(アンプ)の小型化とともに低消費電力を実現し、放熱に必要な基地局の筐体を削減できるため、無線基地局のサイズを従来比最大約50%(注2)小型化可能となります。
こ れにより、通信事業者は無線環境に応じた最適な周波数に対応できる基地局を、低コストかつ高密度に設置可能となり、ユーザは混雑した場所や電波の届きにく かった場所でも動画の視聴や高速なデータのダウンロードなどが可能となるため、快適な無線通信を利用できるようになります。

http://jpn.nec.com/press/201406/20140602_02.html