海賊対策に係る海上保安庁航空機のミャンマー及びフィリピンへの派遣について [海上保安庁]

海上保安庁では、海賊等緊急事案発生時に対応するための国際飛行能力の維持・向上及び海賊行為の発生する蓋然性が高い海域(公海)の巡視警戒等を目的として、平成13年から東南アジア各国へ航空機を派遣しています。
今回は、ミャンマー連邦共和国及びフィリピン共和国へ当庁航空機及び幹部を派遣いたします。

http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/post-78.html