「G7長野県・軽井沢交通大臣会合」でセコムの最新セキュリティシステムを提供 「セコム・ドローン検知システム」「セコム気球」を使った警備を実施 [セコム]

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)とセコム上信越株式会社(本社:新潟県新潟市、社長:竹田正弘)は、9月23日(金)から25日(日)まで開催された「G7長野県・軽井沢交通大臣会合」に「セコム気球」と「セコム・ドローン検知システム」の最新セキュリティシステムを導入しました。
 世界的にテロ事件が頻発している昨今、各国要人が参加する国際会議や多くの観客が集まるスポーツイベントなどにおけるさらなるセキュリティ対策が喫緊の課題となっています。
 これらの課題を解決するセキュリティ対策として、「G7長野県・軽井沢交通大臣会合」に最新セキュリティシステムを使用しました。
http://www.secom.co.jp/corporate/release/2016/nr_20161012.html