ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジの脚型プラットフォーム、誕生  [三菱重工業]

内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ(プログラム・マネージャー:田所 諭)の一環として、早稲田大学理工学術院創造理工学部総合機械工学科 高西淳夫(たかにしあつお)教授、早稲田大学高等研究所 橋本健二(はしもとけんじ)助教、三菱重工業株式会社らは、脚型ロボットのプラットフォームWAREC-1(WAsedaREsCuer-No.1)を開発しました。

http://www.mhi.co.jp/news/story/pdf/161101.pdf