燃料電池とガスタービンを組み合わせたハイブリッド発電システムの実証を開始 [NEDO]

NEDOは、トヨタ自動車(株)を助成先として円筒形の固体酸化物形燃料電池(SOFC)とマイクロガスタービン(MGT)を組み合わせた「加圧型複合発電システム」(ハイブリッド発電システム)を同社元町工場(愛知県豊田市)に設置し、実証を開始しました。実証運転では、このハイブリッド発電システムを工場の自家発電設備として使用し、エネルギー効率や運転性、耐久性を検証・評価し、SOFCの実用化に向けたシステムの開発および初期導入の加速を目指します。

http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100763.html