脳梗塞領域に血管を誘引するスポンジ形状の人工細胞足場の開発 [科学技術振興機構]

JST 戦略的創造研究推進事業において、東京医科歯科大学 脳統合機能研究センターの味岡 逸樹 准教授らは、脳梗塞領域に血管を誘引するスポンジ形状の人工細胞足場を開発しました。

脳梗塞は、脳の血管が詰まり、酸素や血液の供給が遮断され、脳のニューロン注1)が壊れる疾患で、運動障害や言語障害などを引き起こします。これら失われた機能を回復させる治療である、脳梗塞の再生治療の実現化には、ニューロンの死を最小限に抑え、損傷した脳を修復し、再生させるために新たな血管を誘引する必要があります。しかし、脳梗塞部位で局所的に新たな血管を誘引する方法はなく、それを可能にする技術開発が望まれていました。

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170510/index.html