マダガスカルの肺ペスト流行の国際的流行リスクが極めて限定的であることを証明 [科学技術振興機構]

西インド洋の島国であるマダガスカルでは、2017年8月から肺ペスト感染者数(確定・疑い含む)の報告が増加し、同年10月31日までに1,838名の累積患者と64名の死亡が報告されています(2017年10月、パスツール研究所マダガスカル支部)。世界保健機関(WHO)やユニセフなどの国連機関、国境なき医師団(MSF)等の大型NGOはこの流行を受け、同国への支援を拡大しているところです。

このたび、北海道大学 大学院医学研究院の研究チームは、感染性の強さや感染時の死亡リスク、国外への流出リスクを推定しました。

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20171117/index.html