毛包イメージングによる毛周期モニタリング [理化学研究所]

理化学研究所(理研)ライフサイエンス技術基盤研究センター細胞機能評価研究チームの田村泰久副チームリーダー、片岡洋祐チームリーダーらの研究チーム※は、毛包[1]の細胞を体外から観察するin vivo発光イメージング法[2]を確立し、生体ラットを用いた継続的な毛周期[3]モニタリングに成功しました。

http://www.riken.jp/pr/press/2018/20180110_2/