手のひら静脈認証 機器組込み向けセンサーをさらに小型化し販売開始 [富士通フロンテック]

当社は、従来の機器組込み向け手のひら静脈認証センサーをさらに薄型化し、組込みやすくした「FUJITSU 生体認証 PalmSecure-F Pro Embedded(パームセキュア エフプロ エンベデッド)」(以下、PalmSecure-F Pro Embedded)を、本日より販売します。
 「PalmSecure-F Pro Embedded」は、既存センサー「PalmSecure-F Pro」(注1)の高い認証精度や操作性、環境耐性をそのまま継承しながら、従来より17%減となる厚さ10.8mmを実現したほか、バラ線コネクタの採用でケーブル引き回しを改善するなど小型化しました。
 これにより、業務用モバイル端末(ハンディターミナル・CAT端末・タブレットなど)、ポータブルHDD・SSD、エッジコンピュータ(エッジ端末)など、従来は搭載が難しかった小型の機器に組み込むことが可能になり、IDカードやパスワードによる認証に比べて高い利便性とセキュリティ強化を様々なシーンで実現します。
http://www.fujitsu.com/jp/group/frontech/resources/news/press-releases/2018/0319.html