建物内部の浸水リスク評価・診断システム「T-Flood Analyzer」に新機能追加 [大成建設]

 大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、2016年12月に開発した建物内部の浸水リスクを短時間で評価・診断システム「T-Flood Analyzer」に、利用者の避難経路と所要時間を算出する機能を追加し、建物形状に加え人の避難に関する浸水リスクを評価し、効果的な対策を検証できるよう改良しました。

http://www.taisei.co.jp/about_us/release/2018/2018082002.html