ZETAとAIで病院内施設見守り [凸版印刷]

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、LPWA(低消費電力広域ネットワーク)規格ZETA(ゼタ)※1を活用し、センサー検知とAIにより病院内施設のトイレやシャワー室・お風呂などの個室における転倒や利用状況などを可視化できる医療施設向け見守りサービス(以下、本サービス)を開発しました。
 2019年1月初旬より、医療機器の輸入・販売を手掛ける株式会社メッツ(本社:東京都足立区、代表取締役:福田充宏)協力のもと、埼玉県総合リハビリテーションセンター(所在地:埼玉県上尾市、センター長:丸山徹)の個室トイレで実証実験を開始します。

https://www.toppan.co.jp/news/2019/01/newsrelease190110.html