世界初、相対速度100km/hでの無人航空機の衝突回避試験を実施 [日本無線]

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次、以下JRC日本無線)、NEDO、(株)SUBARU、日本アビオニクス(株)、三菱電機(株)、(株)自律制御システム研究所は、福島県、南相馬市、(公財)福島イノベーション・コースト構想推進機構の協力のもと、7月24日から25日に、広域飛行空域(福島県南相馬市)で、相対速度100km/hでの中型の無人航空機の自律的な衝突回避試験を世界で初めて実施しました。
具体的には、カメラやレーダーなどを搭載した中型の無人航空機が40km/hで飛行し、正面から60km/hで前進飛行してくる有人ヘリコプターを探知し、自律的に衝突を回避する飛行試験を行いました。

http://www.jrc.co.jp/jp/about/news/2019/0725-1.html