宇宙ごみ除去の実現に向けた衛星運用地上局を設置 [川崎重工]

川崎重工は、宇宙ごみ(スペースデブリ)除去衛星運用のための地上局を、岐阜工場に設置しました。地上局は、2020年度に打ち上げ予定の宇宙ごみ除去実証衛星(以下、実証衛星)を用いた実証試験のコマンドの送信やデータの受信といった運用のほか、当社が今後参入を目指す衛星データ利活用ビジネスにおいて、当社製以外の様々な衛星と連携したデータの送受信や、衛星データの解析・提供などの機能を担います。

http://www.khi.co.jp/pressrelease/detail/20191004_1.html