地震発生時の個別建物被害の即時推定を可能とする 「IoT防災情報システム LONGLIFE AEDGiS 」[旭化成]

旭化成株式会社(代表取締役社長:小堀 秀毅)及び旭化成ホームズ株式会社(代表取締役社長:川畑 文俊)は、共同研究者の国立研究開発法人防災科学技術研究所(理事長:林 春男)の協力を得て、地震発生時の個別建物被害の即時推定を可能とする「IoT防災情報システム LONGLIFE AEDGiS※1(ロングライフイージス)」を開発しています。このたび本システムの2021年度内運用に向けた計画概要が決定しましたのでお知らせします。

https://www.asahi-kasei.co.jp/j-koho/press/20200108/index/