小型サイズのリア専用 カロッツェリア ドライブレコーダーユニットを発売 [パイオニア]

近年、交通事故や交通トラブル時の映像を録画する用途でドライブレコーダーの需要が拡大する中、後方からの追突やあおり運転対策、駐車時の監視などの用途で後方撮影のニーズが高まっており、すでにフロント用のドライブレコーダーをお持ちの方が後方撮影用のドライブレコーダーを追加されるケースが増えています。

このたび、パイオニアは、後方の映像を高画質で録画できる小型サイズのリア専用ドライブレコーダーユニット「VREC-RH200」を発売します。車両のリアガラスに目立たずすっきりと取り付けることができ、スマートフォンでドライブレコーダーユニットの映像確認、設定などの操作も行えます。

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2457/rel=__