長距離で高い測距精度を有するTOF方式長距離画像センサを開発 [パナソニック]

パナソニック株式会社 インダストリアルソリューションズ社は、近方から遠方250 m先にある物体位置に合わせた高精度な三次元情報を取得する、アバランシェフォトダイオード(APD[1])画素を用いたTime-of-Flight(TOF)方式[2]距離画像センサを開発しました。本センサは、車載用距離測定や広域の監視など、さまざまな分野への展開が可能です。

https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/02/jn200218-1/jn200218-1.html