月刊セキュリティ研究5月号 (no.258)発行

小誌258号のスペシャルインタビューは、『法律や制度の穴を補填するのが政治家の仕事 』と題し、元・佐賀県知事で衆議院議員 古川 康さんに「豚熱」のお話しを伺いました。今回の永田町の風倶楽部コーナーは、経営フォーラム協同組合の代表理事 藤井  晃さんに「銀行を知り尽くしたコンサルが 中小企業を救う」と題し、大手銀行勤務時代の貴重な裏話をお聞きしました。そして、好評! 円卓会議レポートは一橋総合安全保障研究所 理事長の鈴木壮治様から「大変革への起点“コロナ危機”」と題した寄稿をいただきました。また、今月の安保研コラムは先月号の続編で「半世紀 ― 青春の追憶! 『こだわりのロッキード事件』その②」と題した 安保政策研究会 理事長 浅野勝人 様からの寄稿を掲載中!!

 

 

バックナンバーの閲覧は図書館で!!
バックナンバーについてはセキュリティ研究事務局WEBで確認できます