感染症対策『ゾーニング検討』の無償提供を開始 [戸田建設]

戸田建設(株)(社長:今井雅則)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってひっ迫する医療体制を支援するため、感染症対策を実施する際に必要となる『ゾーニング検討』の無償提供を開始しました。
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、厚生労働省は約8,000病院の医療体制を毎日把握するシステムをつくり、病床や医療機器、医師・看護師の情報を一元的に把握し各自治体に提供するとしています。一元把握により、患者受け入れ対応の迅速化を図り医療崩壊を招くのを防ぐとの趣旨で4月中に試行、5月から本格稼働をさせるとしています。
当社では、急速に広がりつつある新型コロナウイルス感染症対策に何か貢献できることがないかを考え、病院建築に数多く携わってきた経験から、病院向け『ゾーニング検討』を4月15日より無償にて提供を開始しました。

https://www.toda.co.jp/news/2020/20200420_2.html