ひたちBRT自動運転バスの実証実験において 3D-LiDARを活用した「交差点監視システム」の検証を実施 [パイオニア]

茨城交通株式会社(本社:茨城県水戸市、代表取締役社長:任田 正史)、株式会社みちのりホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ CEO:松本 順)、パイオニア株式会社の 100%子会社であるパイオニアスマートセンシングイノベーションズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:高木 晴彦、以下 PSSI)は、ひたち BRT 中型自動運転バス実証検討協議会が実施する「中型自動運転バスによる実証実験」に参加し、一般道交差点を対象とした走行支援の実証を行います※。 本実証では、PSSI が開発した 3D-LiDAR「2020 モデル」を一般道交差点の路側に設置し、交差点内外を走行する車両等を検知して、その存在とリスクの度合いを自動運転バスおよび乗客に知らせる「交差点監視システム」の検証を行います。

https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/2020/pdf/1126-1.pdf