AI検温ステーション 「VA110」を発売 [JVCケンウッド・公共産業システム]

JVCケンウッドグループの株式会社JVCケンウッド・公共産業システムは、非接触セルフ式検温端末としてAI検温ステーション「VA110」を2020年11月18日より発売します。

本機は、顔認識AIと高性能温度センサーにより、マスクを着用したまま検温誤差±0.2℃、検出時間0.3秒で体表面温度を測定でき、施設利用や入館時の検温に最適な屋内専用の非接触セルフ式検温端末です。

また、クラウド接続することにより、エッジAI活用による監視カメラとの連携を可能とし、人物の行動履歴を検索するといった次世代のAIセキュリティシステムへの拡張も可能にします。

https://www.jvckenwood.com/jp/press/2020/11/press_201111_2.html