withコロナにおける、 地域に根差した安全・安心な空港運営を実現!クロノロジー型危機管理情報共有システム「災害ネット」の運用をスタート [日本ユニシス]

長崎空港ビルディングは、日本ユニシスが提供するクロノロジー型危機管理情報共有システム「 災害ネッ ト」を2020年12月25日より運用開始します。「災害ネット」は、災害情報を時系列に沿ってホワイトボードに書き出す手法(クロノロジー)をコンピューター上で表現 し、今、何が起きているのかをリアルタイムに把握できる情報収集・共有ツールです。これまで被災時にホワイトボードに列挙していた文字情報だけでなく、画像などを、パソコンやスマホから簡単に登録でき、全社で情報を一元管理できるクラウドシステムです。長崎空港ビルディングと日本ユニシスは 、「 災害 ネット」を通じ、災害時における 被災状況 の早期 把握・早期 対策を 可能 にし、 地域住民 、空港利用のお客さま、テナント 従業員や、空港スタッフにとって、より安全・安心な空港運営を目指します。

https://www.unisys.co.jp/news/nr_201221_nagasakiairport.pdf