微生物の力でコンクリートのひび割れを閉塞 [戸田建設]

戸田建設(株)(社長:今井 雅則)は、日本大学工学部(学部長:根本 修克)と共同で、微生物を用いた「自己治癒コンクリート」の実用化に関する研究を行っており、今般、当社施設「南砂PJ研修センター」の擁壁部に初適用しました。
本技術は、コンクリートに発生したひび割れを微生物の代謝活動を利用して補修する技術であり、構造物の機能維持やその管理に掛かる費用の低減が期待できます。

https://www.toda.co.jp/news/2020/20201215_002867.html