泥水式シールド工事での配管厚さ自動計測・管理システムを開発 [大成建設]

 大成建設株式会社(社長:相川善郎)は、泥水式シールド工事で用いる超音波厚さ計※1の機能を拡張し、掘削土砂と泥水を排出する配管の厚さを自動で計測するとともに、無線通信により収集した計測データを基に配管寿命を予測、管理する「配管厚さ自動計測・管理システム」を開発しました。本システムの適用により、広範囲に渡る配管の摩耗状況を効率よく確認し、配管の交換時期を事前に把握することができるため、泥水式シールド機の安定した掘進と工程管理が可能になります。
https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2020/201218_5055.html