薄型樹脂パネルを用いたワイヤレス給電床「T-iPower Floor」を開発 [大成建設]

 大成建設株式会社(社長:相川善郎)、国立大学法人豊橋技術科学大学(学長:寺嶋一彦)、大日本印刷株式会社(社長:北島 義斉、以下DNP)は、汎用小型車両(以下、ビークル)やロボットに対してワイヤレスで給電を実現する内装床「T-iPower Floor」を開発しました。「T-iPower Floor」は、大成建設とDNPが共同開発した薄型樹脂パネルで構築されており、従来型の給電床と同等の性能を有しながら床厚を半減できるため、敷設に伴う工期短縮と工事費削減が可能となります。

https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2021/210104_5063.html