AIにより車などの遠隔見守りの高度化に貢献する「学習型メディア送信制御技術」を開発 [日本電気]

NECは、安全・安心な車両の移動を支援する技術として、車載カメラの膨大な映像データの内、AIを活用し信号機等の注目領域に絞って画質を高くし、送信データ量を削減する技術「学習型メディア送信制御技術」を開発しました。本技術は、危険予兆検知に必要な物体検出、距離推定、レーン検出などの精度を維持しつつ無線通信帯域を最大10分の1に削減可能です。
本技術により、映像品質を維持したまま送信データ量を大幅に削減できるため、車など移動体において、車外の走行環境の異常や運転手・乗客の危険な状況を映像を通じてリアルタイムに検知してサポートするなど、遠隔見守りの高度化に貢献します。

https://jpn.nec.com/press/202101/20210108_02.html