CO2濃度分布と在室者の位置情報を基に室内の感染リスク分布を可視化 [清水建設]

順天堂大学<学長 新井一>・大学院医学研究科感染制御科学の堀 賢 教授と清水建設(株)<社長 井上和幸>はこのほど、室内のCO2濃度分布と在室者の位置情報を基に、マイクロ飛沫感染と飛沫感染の両面から室内における新型コロナウイルスの感染リスクを評価し、建物空間内でのリスク分布をモニター画面上で可視化するシステムを共同開発しました。この共同開発は、日常生活や業務の場面に感染対策が予め織り込まれた建築「Pandemic Ready」の実現に向けた研究開発の一環です。

https://www.shimz.co.jp/company/about/news-release/2021/2021003.html