世界初、商用5Gを介した国産手術支援ロボットの遠隔操作実証実験を開始 [メディカロイド]

国立大学法人神戸大学(以下、神戸大学)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、株式会社メディカロイド(以下、メディカロイド)は、内閣府の「地方大学・地域産業創生交付金事業」として採択された神戸市の「神戸未来医療構想」の枠組みにおいて、次世代通信ネットワークを用いた遠隔ロボット手術の実現に向け、最先端のネットワーク環境や医療機器を設置した実証実験施設「プレシジョン・テレサージェリーセンター(以下、本施設)」を立ち上げ、本施設において商用5Gを介した国産手術支援ロボット「hinotoriTMサージカルロボットシステム(以下、hinotoriTM)」※1の遠隔操作の実証実験(以下、本取り組み)を実施しました。なお、商用5Gネットワークを介した手術支援ロボットの遠隔操作の実証実験は世界初※2と考えられます。

https://www.medicaroid.com/release/pdf/20210416_ja.pdf?_ga=2.156078587.1354832823.1619846820-716607362.1619846820