欧州でスマートガスメーターを用いたユーティリティサービスを展開 [パナソニック]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、日本国内で培ったガスメーターデバイス技術を生かし、スマートガスメーターの導入が進む欧州において、2021年秋からガスユーティリティサービスの提供を開始します。

エネルギーの安定供給や効率化による環境負荷低減などの観点から、スマートガスメーター市場は大きな伸張が予測されています。特に欧州では、2008年にEUが掲げた環境目標20-20-20(トリプル20)の導入をきっかけに、生活インフラのスマート化が義務づけられるなど各国で導入が進んでおり、業務の効率化、計測データの活用による新たなサービス提供などが期待されています。

https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/07/jn210721-2/jn210721-2.html