切羽前方の湧水リスクを事前予報する「地山予報システム」を開発 [清水建設]

清水建設(株)<社長 井上和幸>はこのほど、山岳トンネル工事の生産性向上を目的に、デジタルツイン・AI技術を活用して、工事の進捗に応じて変化する切羽湧水量を定量的かつ高精度に予測する「地山予報システム」を開発しました。

https://www.shimz.co.jp/company/about/news-release/2021/2021038.html