AI・生体認証技術などを組み合わせスーパーシティに必要な機能を提供するクラウドサービス「NEC都市OS」を発売 [日本電気]

NECは、観光、医療福祉、防災など複数分野にわたる行政サービスの効率化を目的に、データの利活用及び連携を実現するクラウドサービス「NEC都市OS」について、全国の自治体向けに本日から販売活動を開始します。
「NEC都市OS」には、内閣府が推進する「スーパーシティ構想」(注1)の実現に向けて、これまで提供してきたFIWARE(注2)をベースとしたデータ利活用基盤機能の他に、今回新たに個人同意管理に対応したパーソナルデータ利活用基盤機能、AIを活用したデータ分析機能、生体認証を活用した個人認証機能、ID連携管理機能、フルレイヤーセキュリティ機能等のスーパーシティ・スマートシティにおける複数分野の先端的サービスの創出を効率的に実現するために共通的に必要となる様々な機能を備えています。

https://jpn.nec.com/press/202109/20210908_02.html