建設工事の危険予知活動にAIを導入 [鹿島]

 鹿島(社長:天野裕正)は、建設業・製造業のDXを支援する株式会社UNAIIT(社長:田島哲、愛知県名古屋市)と共同で、鹿島が保有する約5,000件の災害事例と、厚生労働省が運営する「職場のあんぜんサイト」に掲載されている約64,000件の災害事例をAIを用いて解析し、類似作業の災害事例を見える化するシステム「鹿島セーフナビ(K-SAFE)™」(特許、商標出願中)を開発しました。

https://www.kajima.co.jp/news/press/202110/14c1-j.htm