非GNSS環境下かつ暗所での自律飛行による点検ドローンを国内初の実用化 [鹿島]

 鹿島(社長:天野 裕正)は、非GNSS環境下かつ暗所でも自律飛行が可能なドローンを開発し、国内で初めて実用化しました。本ドローンは、飛行体の自律飛行を実現する制御技術を開発しているNEAR EARTH AUTONOMY※社(米国)が有する非GNSS環境下での飛行システム「Topaz」を、各種の実証を踏まえカスタマイズしたものです。2020年11月からは、安全性や生産性の向上を目指し、トンネル工事現場において、本ドローンを用いた無人での各種点検作業を実施しています。

https://www.kajima.co.jp/news/press/202110/20c1-j.htm