トンネル掘削発破を震源とする長距離探査法「T-BEP」を開発 [大成建設]

大成建設株式会社(社長:相川善郎)は、トンネル掘削発破を震源とする長距離探査法「T-BEP(=Blast Excavation Prospecting)」を開発し、トンネル掘削工事現場において、その効果を確認しました。本探査法の適用により、探査用発破が不要となり工期短縮が図れると共に、切羽前方350mまでの地山状況を把握し、トンネル工事の長期的な施工計画の立案が可能となります。

https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2021/211129_8565.html