分散型遠方監視装置「広域設備監視パッケージ」の機能強化 [アンリツ]

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、2021年12月10日より販売を開始した「広域設備監視パッケージ」が、各リモートIOを収容する分散型遠方監視装置を16台まで連携可能となったことをお知らせします。

今回の機能強化により、お手元のPCブラウザから専用サーバを介さずに一括監視制御できる地点を従来の9カ所から、最大144カ所まで拡張することができ、より多地点・広域化した現場設備の監視制御システムの構築を、省力化・効率化と共に実現することができます。

https://www.anritsu.com/ja-jp/about-anritsu/news/news-releases/2022/2022-03-10-jp01