成田国際空港でセキュリティロボット「cocobo」を 活用した警備サービス提供を開始 [セコム]

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:尾関一郎)は、成田国際空港でセキュリティロボット「cocobo(ココボ)」を活用した警備サービスを6月13日(月)より開始します。
「cocobo」は、AI・5Gなどの最先端技術を活用して立哨・巡回、点検業務など、さまざまな業務を提供するセキュリティロボットです。搭載したカメラでとらえた映像をリアルタイムでAI解析し、異常を検知した際は、防災センター等に設置された監視卓へ異常信号や映像を送信、常駐警備員と連携して対応します。また、「バーチャル警備システム※」、建物内の監視カメラ、エレベーター設備などのクラウド上のさまざまな情報を共有・連携し、より高度な業務を提供することができます。また、“公共空間との調和”“威厳と親しみやすさ”をコンセプトに中性的で凛としたデザインとしました。
https://www.secom.co.jp/corporate/release/2022/nr_20220607.html